首都圏最難関を目指すのに必要な勉強範囲は、

算数は数学Ⅰまで。代数は除く

国語の語彙力・漢字は高校入試程度、読解力も同等。

理科・社会も高校入試程度の知識量。

となります。


入試問題は、中学高校の教師が作るので当然ですね。


勉強しないで、最初から解ける子はいません。


何年もかけて合格レベルの実力を身につけます。


6年生で高校1年で学習するレベルの問題が出題され得点を競うのが中学受験です。


中学受験は親の試験といわれるのは、目標意識が希薄な小学生を前向きに、そして同時に長時間勉強に向かわせることができるのは親しかいないからです。


中学受験を目指すとすれば、まず親が入試問題を確認することから始めましょう。


子どもが合格するために数年間積み重ねる必要な努力の量をイメージすることです。


それも、なるべく低学年のうちに...。


イメージできたら、どうやったら子供が健全な子に育ち、勉強に正面から向かい合う努力をしてくれるかを親が勉強しましょう。


愛情注いでいればいいとか、塾に任せておけば何とかなる。というものでは決してありません。


あなたが何か成し遂げたとき、周りの人に助けられたことはありませんか?


子どもにはあなたが必要なのです。

最新記事

すべて表示

100点を取る勉強法

テストで70点台までは取れるけど、80点以上はあまり取れない。ということになっていませんか? 反復しながらなんとなく問題を解いているとこんなことになります。 失点の原因は、落としてはいけない基本は理解していますが、応用の理解までしていない。 計算ミスをして失点している。 問題文を正しく読んでいない。...等です。 これは、100点をとるための勉強をしていないということです。 間違えは、なぜ間違えた

集中力を育てるには。

子どもに勉強を教えていると、集中している時間が短いという相談をよく頂きます。 「集中していない。」とは、どんなことでしょうか? 時間が過ぎるのを待っている子 他のことに思いを馳せている子 考えている演技をしている子 説明を「音」として聞いている子 ...などでしょうか? このような態度は、外見上「授業を受けている。」いわれます。 きっと、座って時間がすぎれば、勉強は終わるという経験したことがあるの

成績を維持する方法

高学年で成績を維持するには、「穴」がない勉強をすすめることです。 新しい勉強は、常に既習分野の上に積み重なります。 穴があれば、新しい勉強はなかなか理解できません。 だから、解らないときの勉強は、大抵は基本からやり直しになってしまいます。 同じ方法でやり直すのか、もっと繰り返すのか、違う方法を試すのか、生徒にあったやり方を早く見つけないと時間切れとなります。 高学年では、できるだけ早く穴を探し、塞