国語辞典では、


「幸せ」・・・ めぐり合わせがよいこと。


「めぐり合わせ」・・・自然にめぐってくる運命。 ・・・となっています。


ご承知の通り、子は親を選べません。 この世に命を運んできたのは、あなた。・・・つまり、パパとママ。 子にとっては、親が「運命」なのです。 「めぐってくる運命」とは、親のことなのです。


運命が良ければ、良いめぐり合わせがある。 


つまり、「良い親になれば、子が幸せになれる。」のです。


だから、将来のわが子の幸せを願うなら、子供に「させること」を考えるより、まず親自信が良くなるために行動するのが「道理」です。


「良い親」・・・いろんな価値観があるので、この定義は人それぞれにお任せします。 


とにかくどうあれ、「良い親」になる努力を怠らなければ、素晴らしい良い巡り合わせが子に与えられ、子が幸せへと導かれます。



志望校合格の望みが叶った後は、合格した者同士で日常の競争が始まります。


その中を生き抜くには、本人の気持ちが整っていなければいけません。


ひと休みしている暇はありません。


次の目標に向かってスタートしましょう。

最新記事

すべて表示

やり続けても終わらない!

夏休みに入り自分の課題がハッキリしてきた時期です。 塾の宿題も多くなり、なかなか終わなくなっていませんか? 苦手分野の問題は何度も分かるまで繰り返せばできるようになると思っていると、無駄に時間を使ってしまいます。 大学入試の経験がある大人ほど、自分の経験から子どもにも「勉強をやればできるようになって点数が上がる。」と考えていることが多いようです。 この経験に基づいて、大人は何度も繰り返させます。

夏は戦略が必要。

この夏休みは塾の夏期講習に行こうと思っている子が多いと思います。 夏期講習に行く目的は何ですか? 成績を上げるには、同じことをしていてもダメです。 みんなと同じことは当たり前、+αで成績が上がります。 どのくらい成績を上げたいの? 受験生であれば偏差値であといくつあげなければいけないのか? 志望校偏差値が60以上の学校で、6年夏に自分の偏差値がまだ2~3足りないのあれば、死にものぐるいでやらないと

学力はいつ伸びるのか?

毎年、4年生にぐらいから多くの小学生が中学受験塾へ通い始めます。 入塾前のテストで学力のレベルをチェックしてクラス分けされます。 この中で、4年生から徐々に成績を上げ最上位クラスに上がっていく子どもがどれだけいるのでしょうか? 入試直前まで伸びるから諦めてはダメだということを毎年夏を過ぎによく聞きます。 でも、それに該当するケースはどれくらいあるのでしょう? 入試は、いす取りゲームです。 先に座っ