高学年になると理解の違いは、点数として見えてきますので明らかに分かります。 


一方、低学年ではテストが簡単で、点数では理解の違いは分かりにくいものです。 


点数として理解の違いが見えてきてからのリカバリーは大変です。


教えても伝わらない・・・。 すぐ忘れる・・・。 何度も間違える・・・。


違いの原因は、生まれてから今までに蓄積されてきた「経験値の違い」です。 


理解の早い子・記憶がよい子は、自分の経験に重ね合わせ関連づけて、理解・記憶します。


同じ事を学習しても違いが生まれるのは、経験から得た情報量の違うからす。


情報量とは、知識のことではありません。 生まれてから、自分で見て触って感じた事です。


遠くへ外出するときは、経路を検索。白地図を埋めながら生きた情報を手に入れます。


賢い子どもにを育てるには、親も一緒に学習する必要があります。


幼児期から意識して色んな機会を与えられ、そこから学ぶ日々が理解力の基礎となります。

最新記事

すべて表示

進学塾に通うには。

あなたは、お腹がすていないのに食事のためにレストランに行きますか? お腹もすいていないのにレストランへ行くときは、待ち合わせや時間つぶしです。 目的は食事ではなく雑談ですね。 塾や習い事はどうでしょう? 大して勉強したくないのに親に通わされている。 家にいても勉強しないから塾に通わされている。 こんな子どもは、塾で時間をつぶしているようなものです。 塾は、勉強をするところ。 成績を上げるために行く

一人で勉強できるまで。

親の背中を見て、精一杯ついてきた9歳まで。一人でできることが求められる10歳から。 その姿を見て、良い親ほど子どもに大きな期待を抱きます。 期待が大きい親は、もうそろそろ一人でできるだろう...。と、先回りしていろんなことをやらせようとします。 過保護な親は、まだこれくらいでいいよ...。とやることを制限します。 大事なことは親の期待を満たすことではなく、子どもが独りで判断して、いろんな事ができる

中学受験

国立最難関の大学入試には「素養」がある子たちが6年もかけて準備をして挑みます。 では、中学受験ではどうでしょう? 塾の算数のカリキュラムでは、4年の「おおきな数」から始まって、6年では高校数学Ⅰの内容まで学習します。 下地ができていない小学生には過酷な勉強内容です。 わが子が何年間の準備で間に合う内容か入試問題を確認することが不可欠です。 塾のカリキュラムの進度でついていける子とそうではない子に分

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel