高学年になると理解の違いは、点数として見えてきますので明らかに分かります。 


一方、低学年ではテストが簡単で、点数では理解の違いは分かりにくいものです。 


点数として理解の違いが見えてきてからのリカバリーは大変です。


教えても伝わらない・・・。 すぐ忘れる・・・。 何度も間違える・・・。


違いの原因は、生まれてから今までに蓄積されてきた「経験値の違い」です。 


理解の早い子・記憶がよい子は、自分の経験に重ね合わせ関連づけて、理解・記憶します。


同じ事を学習しても違いが生まれるのは、経験から得た情報量の違うからす。


情報量とは、知識のことではありません。 生まれてから、自分で見て触って感じた事です。


遠くへ外出するときは、経路を検索。白地図を埋めながら生きた情報を手に入れます。


賢い子どもにを育てるには、親も一緒に学習する必要があります。


幼児期から意識して色んな機会を与えられ、そこから学ぶ日々が理解力の基礎となります。

最新記事

すべて表示

100点を取る勉強法

テストで70点台までは取れるけど、80点以上はあまり取れない。ということになっていませんか? 反復しながらなんとなく問題を解いているとこんなことになります。 失点の原因は、落としてはいけない基本は理解していますが、応用の理解までしていない。 計算ミスをして失点している。 問題文を正しく読んでいない。...等です。 これは、100点をとるための勉強をしていないということです。 間違えは、なぜ間違えた

集中力を育てるには。

子どもに勉強を教えていると、集中している時間が短いという相談をよく頂きます。 「集中していない。」とは、どんなことでしょうか? 時間が過ぎるのを待っている子 他のことに思いを馳せている子 考えている演技をしている子 説明を「音」として聞いている子 ...などでしょうか? このような態度は、外見上「授業を受けている。」いわれます。 きっと、座って時間がすぎれば、勉強は終わるという経験したことがあるの

成績を維持する方法

高学年で成績を維持するには、「穴」がない勉強をすすめることです。 新しい勉強は、常に既習分野の上に積み重なります。 穴があれば、新しい勉強はなかなか理解できません。 だから、解らないときの勉強は、大抵は基本からやり直しになってしまいます。 同じ方法でやり直すのか、もっと繰り返すのか、違う方法を試すのか、生徒にあったやり方を早く見つけないと時間切れとなります。 高学年では、できるだけ早く穴を探し、塞