帳尻があえばいい。

勉強では、帳尻を合わすことはできません。


なぜでしょう?


帳尻を合わせるために始める頃は、みんな勉強をやっているからです。


だから、受験生になってからでは成績が上がりません。


帳尻を合わせるという考えではなく、やった分しか結果は出ないと考えて、今から来たるべき日まで続けること。


目標を持たない子どもを勉強に向かわせたければ、やらせるのではなく一緒にやること。


一緒にやることで、楽しい時間と空間に存在できることに気づかせる。


できなくても気にしない。


できないときわからないときは、親が理由を考える。


周りと比べない。


待つ。


一人ひとりの個性が異なるように、発達も異なります。


違いがあって当たり前と思うこと。


比べて枠にはめれば、枠の中でしか発達しません。


必要なことは一人ひとり違います。

最新記事

すべて表示

やり続けても終わらない!

夏休みに入り自分の課題がハッキリしてきた時期です。 塾の宿題も多くなり、なかなか終わなくなっていませんか? 苦手分野の問題は何度も分かるまで繰り返せばできるようになると思っていると、無駄に時間を使ってしまいます。 大学入試の経験がある大人ほど、自分の経験から子どもにも「勉強をやればできるようになって点数が上がる。」と考えていることが多いようです。 この経験に基づいて、大人は何度も繰り返させます。

夏は戦略が必要。

この夏休みは塾の夏期講習に行こうと思っている子が多いと思います。 夏期講習に行く目的は何ですか? 成績を上げるには、同じことをしていてもダメです。 みんなと同じことは当たり前、+αで成績が上がります。 どのくらい成績を上げたいの? 受験生であれば偏差値であといくつあげなければいけないのか? 志望校偏差値が60以上の学校で、6年夏に自分の偏差値がまだ2~3足りないのあれば、死にものぐるいでやらないと

学力はいつ伸びるのか?

毎年、4年生にぐらいから多くの小学生が中学受験塾へ通い始めます。 入塾前のテストで学力のレベルをチェックしてクラス分けされます。 この中で、4年生から徐々に成績を上げ最上位クラスに上がっていく子どもがどれだけいるのでしょうか? 入試直前まで伸びるから諦めてはダメだということを毎年夏を過ぎによく聞きます。 でも、それに該当するケースはどれくらいあるのでしょう? 入試は、いす取りゲームです。 先に座っ