帳尻があえばいい。

最終更新: 2月9日

勉強では、帳尻を合わすことはできません。


なぜでしょう?


帳尻を合わせるために始める頃は、みんな勉強をやっているからです。


だから、受験生になってからでは成績が上がりません。


帳尻を合わせるという考えではなく、やった分しか結果は出ないと考えて、今から来たるべき日まで続けること。


目標を持たない子どもを勉強に向かわせたければ、やらせるのではなく一緒にやること。


一緒にやることで、楽しい時間と空間に存在できることに気づかせる。


できなくても気にしない。


できないときわからないときは、親が理由を考える。


周りと比べない。


待つ。


一人ひとりの個性が異なるように、発達も異なります。


違いがあって当たり前と思うこと。


比べて枠にはめれば、枠の中でしか発達しません。


必要なことは一人ひとり違います。

最新記事

すべて表示

進学塾に通うには。

あなたは、お腹がすていないのに食事のためにレストランに行きますか? お腹もすいていないのにレストランへ行くときは、待ち合わせや時間つぶしです。 目的は食事ではなく雑談ですね。 塾や習い事はどうでしょう? 大して勉強したくないのに親に通わされている。 家にいても勉強しないから塾に通わされている。 こんな子どもは、塾で時間をつぶしているようなものです。 塾は、勉強をするところ。 成績を上げるために行く

一人で勉強できるまで。

親の背中を見て、精一杯ついてきた9歳まで。一人でできることが求められる10歳から。 その姿を見て、良い親ほど子どもに大きな期待を抱きます。 期待が大きい親は、もうそろそろ一人でできるだろう...。と、先回りしていろんなことをやらせようとします。 過保護な親は、まだこれくらいでいいよ...。とやることを制限します。 大事なことは親の期待を満たすことではなく、子どもが独りで判断して、いろんな事ができる

通塾を始める前にできる事

進学塾で勉強するための下地ができていますか? 下地は生まれてから毎日の経験の積み重ねで出来上がります。 下地とは、賢くなる準備です。 下地ができているかいないかは、 聞いた話の内容を理解できる。 出来事を時系列に話せる。 伝えたいことを筋道を立てて伝えられる。 3つ以上のものを同時に比較できる。 置き換えて考える。 言い換えができるなど。 自然を見せていますか? 言葉を教えていますか? 体を動かし

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel