わが子の受験体験談や子育て談を、ブログ、新聞社の講演会、本やインターネット検索でも見つけることができます。


これらでは親に都合の悪い本音は明かされていません。


子どもが「失くしたもの」についても書かれてはいません。


環境を整えたのは親ですが、やり遂げたのはお子さんです。



心のどこかで親は「やらせた」と思っているから「体験談」として残し、「やらせたい」と思っているから、他人の親の子育てが気になるのではないでしょうか?



ひとり一人違うのですから、参考にはなりません。


興味を示すこと、いまできる事、早さも違うのですから同じようには進まないのです。


最善の勉強法は、親自身が子どもを目の輝きを見ながら見つけるしかありません。


子ども自身の歩幅とペースで歩き始めるから、次第に歩幅が広くなりペースも上ってくるものです。


前から引っ張ったり、後ろから押したりしていると、やがては「引きずる」ことになりかねません。

最新記事

すべて表示

夏は戦略が必要。

この夏休みは塾の夏期講習に行こうと思っている子が多いと思います。 夏期講習に行く目的は何ですか? 成績を上げるには、同じことをしていてもダメです。 みんなと同じことは当たり前、+αで成績が上がります。 どのくらい成績を上げたいの? 受験生であれば偏差値であといくつあげなければいけないのか? 志望校偏差値が60以上の学校で、6年夏に自分の偏差値がまだ2~3足りないのあれば、死にものぐるいでやらないと

学力はいつ伸びるのか?

毎年、4年生にぐらいから多くの小学生が中学受験塾へ通い始めます。 入塾前のテストで学力のレベルをチェックしてクラス分けされます。 この中で、4年生から徐々に成績を上げ最上位クラスに上がっていく子どもがどれだけいるのでしょうか? 入試直前まで伸びるから諦めてはダメだということを毎年夏を過ぎによく聞きます。 でも、それに該当するケースはどれくらいあるのでしょう? 入試は、いす取りゲームです。 先に座っ

答えがあっていればいい?

答えがあっていればいい。宿題を終わらせればいい。という勉強を低学年で進めていると文章題が苦手になります。 文章題が苦手にならないために低学年までは、 1・物事を時系列に整理して考えることができるように、ひらがなが読めるようになったら読書を始めること。 2・出来事を時系列に話す練習をすること。 3・勉強として計算を教えない。 3年生以上では、 4・考えた過程を言葉で説明できるように勉強を進める。 5