できる子の親が考える事

できる子の親が考えることは、子どもの負担を減らすこと。


最近は、英数国理社の勉強が小学校から始まります。


国立大学の入試まで教科は減りません。


学校に通っていれば受験に必要な学力が身につくのでしょうか?


どのように準備したら将来の勉強を減らせるのでしょう?


合格までの勉強量は同じとすると、スタートを早めに切ること。


本人の成長と興味に合わせた内容から徐々に範囲を広げていくこと。


幼いほど興味がないことや必要がないことは身につきません。


教えるより興味を示すことを一緒にやること。


得意な勉強を優先して1番を取る。


子どもが幼ければできないことは無理にやらない。


ここで、無理すると苦手意識を持たせる原因になります。


苦手意識を持つとやる気がなくなるからです。


芽が出るまでは無理しないこと。


できる子の親はいつも子どもの気持ちを考えています。

最新記事

すべて表示

時間をかけて気づかせること。

こんなことして何になるの? 勉強しない子、やる気がない子が思っている疑問です。 しっかり答えられますか? やった「おかげ」を気づかせたことがありますか? そもそも気付いてないから、こんなことして何になるの?と思うのです。 何のために始めたの? その先に何を期待して始めたの? 始めた理由を子どもなりに再認識させることが大事。 何となく始めた。 周りがやっているからやってみたい。 これでは、ダメ。 勉

あきらめない子の育て方

あきらめない子の親は、大人の価値観を押し付けません。 できないことがあっても気にしません。 できるようになりたいのなら、どうしたらできるようになるのか気づかせます。 兄弟や友達と比べません。 子ども自身が満足しているかを見ます。 どうなりたいか考えさせます。 失敗を責めません。 上手になりたいのなら、どうしたら上手になるか考えさせます。 なぜ失敗したか一緒に考えます。 解らないことは教えません。

勉強する子の親が見せたこと。

親の言うことを素直に聞くのは9才まで。 10才からは、友達の影響が大きくなってきます。 9才までは親の姿を見習い、親の言うことは正しいと素直に受け入れます。 ですから、9歳までが勉強の動機付けをするのが一番簡単。 勉強をどうやって習慣づけますか? 時間管理をして、机に向かわせて「はい、やって!」を繰り返しますか? 勉強する子の親はそんなことはしてません。 もっと簡単な方法を選びます。 子どもが幼け

pixta_34621787_XL.jpg

まずはお気軽に学習相談!

入会を検討される方に無料の学習相談(60分程度)を行っています

ご来校時に指導内容・指導方針・費用をご案内します

お問い合わせフォームから「学習相談希望」を選択の上、送信してください

© 2020 IQ教室