とにかく勉強をさせるには。

習い事や塾にいくつも通わせている親にきっかけを聞きますと、子どもが「やりたい」と言ったから通わせているというお返事が返ってきます。


それは子どもが親を忖度してそのような返事をしたにすぎない場合が殆どです。


いろんな理由で嫌になります。


自分でやりたいと言ったのだから頑張りなさい。という気持ちも分かりますが、小学生にはまだ伝わりません。


嫌なものは嫌なのです。


それでも通い続けると、適当にやることを覚えます。


強制すると作業になり苦痛になります。


勉強のモチベーションは、成長によって変化します。


親を喜ばせたい。褒められたい。


もっと上手になって喜ばせたい。


もっと褒められて嬉しくなりたい。


友達や周りが気になりだすと、負けたくない。


競争で負けることが悔しい。


周りの評価が気になりだす。


自分の成績や順位が気になる。


この後にやっと、


将来像が考えられる年齢になり、勉強の必要性を考えるようになります。


それまでは、親が子どもに忖度し、寄り添って導いてあげることが必要です。

最新記事

すべて表示

時間をかけて気づかせること。

こんなことして何になるの? 勉強しない子、やる気がない子が思っている疑問です。 しっかり答えられますか? やった「おかげ」を気づかせたことがありますか? そもそも気付いてないから、こんなことして何になるの?と思うのです。 何のために始めたの? その先に何を期待して始めたの? 始めた理由を子どもなりに再認識させることが大事。 何となく始めた。 周りがやっているからやってみたい。 これでは、ダメ。 勉

できる子の親が考える事

できる子の親が考えることは、子どもの負担を減らすこと。 最近は、英数国理社の勉強が小学校から始まります。 国立大学の入試まで教科は減りません。 学校に通っていれば受験に必要な学力が身につくのでしょうか? どのように準備したら将来の勉強を減らせるのでしょう? 合格までの勉強量は同じとすると、スタートを早めに切ること。 本人の成長と興味に合わせた内容から徐々に範囲を広げていくこと。 幼いほど興味がない

あきらめない子の育て方

あきらめない子の親は、大人の価値観を押し付けません。 できないことがあっても気にしません。 できるようになりたいのなら、どうしたらできるようになるのか気づかせます。 兄弟や友達と比べません。 子ども自身が満足しているかを見ます。 どうなりたいか考えさせます。 失敗を責めません。 上手になりたいのなら、どうしたら上手になるか考えさせます。 なぜ失敗したか一緒に考えます。 解らないことは教えません。