ライバルを減らすには。

特別なことはいりません。


ライバルは勝手に減るものです。


ひたすら続けること、これさえできればライバルは勝手に消えていきます。



いつから続けるかは、できるだけ早いほうがよいでしょう。


成長にあった内容と動機づけが始めの一歩です。


規則正しい学習習慣を身につけさせようと、闇雲に始める親。


言葉もままならにうちから、習い事に通わせる親。


何度も言いますが、理由もなく言われるままにやるのは3年生まで。


3年までに子どもなりに納得する理由・動機・目的を感じさせることです。


いつのまにか習い事へ行っている時間は、勉強しなくていいから通っていることになります。


小学校に上がるころには、心の中に理由を持つことができます。


ママと時間を一緒の時間をすごせるから。


これを上手にできるとママが褒めてくれる。


周りから注目されてうれしい。


幼心に芽生える動機はこのようなものでしょう。


この気持ちが芽生えたら大切に育てましょう。


スラスラできる事ばかりではないこと。


できないときに、一緒にやってあげる。


幼ければ幼いほど、壁は薄く低いことが多いのです。


この壁を乗り越える経験を3年生までに何回繰り返してきたか?が子どもの目標に向かう気持ちを強くします。



高校生のころ、ライバルはめげそうになる自分自身。と気づかせる子育てが大事です。


怠けたい自分、休みたい自分。


それに立ち向かうだけで、ライバルは減っていく。


くじけそうになった時、自分がいろいろ考えて手間かけてやったことが、認められ励まされ褒められたりするから続けようと思うものです。


決まった時間に決まったことをすればいいというものではありません。


人生にはイレギュラーがつきものです。


1年生なるころには、イレギュラーに対応できるように育てることも大切です。


いつもの時間にできないときは、どうするのか?


時間の感覚が育っていない子、指示待ちの子供はできないままその一日が終わります。


これでは続けることはできません。


せっかく子育てに時間を使うのでしたら、やらせることより、どうやったらやり続けることができるかを染み込ませることを考えましょう。


できないことができるようになるには、まずできる事を続けることです。


当たり前になった時、できなかったことができるようになるものです。


やらされてばかりではいつまでたっても当たり前にはなりませんよね。


やらされてできるようになることは、せいぜい時間がたてばみんなができるように事にすぎません。


ライバルは自分自身。

最新記事

すべて表示

成績を維持する方法

高学年で成績を維持するには、「穴」がない勉強をすすめることです。 新しい勉強は、常に既習分野の上に積み重なります。 穴があれば、新しい勉強はなかなか理解できません。 だから、解らないときの勉強は、大抵は基本からやり直しになってしまいます。 同じ方法でやり直すのか、もっと繰り返すのか、違う方法を試すのか、生徒にあったやり方を早く見つけないと時間切れとなります。 高学年では、できるだけ早く穴を探し、塞

宿題のやり方。

一般的に宿題が出される理由は、理解を深めるためと親は考えます。 一方、子どもはどのように考えているか知っていますか? 殆どの子どもは、終わらせるためにやるものだ考えているいます。 「宿題は終わったの?」という言葉をかけるから、「宿題は終わればいい」と勘違いします。 幼ければ幼いほど素直な受け取り方をします。 これが何回復習しても学習内容が定着しない一つの原因です。 できるようになるためにやることと

夏までに。

偏差値が上がるまでには時間がかかります。 まず勉強をして解法の論理を理解し、論理をアタマの引き出しにしまって、取り出すことから始まります。 練習問題では、問題を解くために論理をどのように関連付けるかを試します。 毎日、復習予習を含め進めるのですが、それでも半月前に理解したはずの内容がスッポリ抜け落ちてたりするものです。 抜け落ちを防ぐために3回程度の復習を一定期間開けながらやってやっと得点できるよ

pixta_34621787_XL.jpg

まずはお気軽に学習相談!

入会を検討される方に無料の学習相談(60分程度)を行っています

ご来校時に指導内容・指導方針・費用をご案内します

お問い合わせフォームから「学習相談希望」を選択の上、送信してください

© 2020 IQ教室