勉強する子の親は何をした?

子どもが、1番を体験したら1番になれた理由を考えさせましょう。


何もしないで1番にはなれません。多少なりとも親と一緒に頑張ったことを振り返る時間が大切です。


才能に恵まれていれば容易に「中の上」にはなれますが、「1番」になるには努力が欠かせません。


何もせずに1番なるのでしたら、素質・素養があるのでその分野で競争相手が多くいる環境に身を置くことです。


そうすることで、少しずつ競争心を芽生えさせましょう。


1番の景色を見て親に褒められたら子どもはきっと、また1番になりたいと思うでしょう。


親と一緒にやればまた1番になれると思っているのです。


このとき、子どもは自分からやろうとしています。


これがヤル気の芽の出し方です。


1番になれたことは「親が手伝ってくれたから」と思っている子は、素直に挑戦する範囲を広げるでしょう。


挑戦する範囲の一つに勉強を混ぜればいいのです。


勉強する子の親は、いきなり勉強をさせません。


幼児の勉強の目的は、親と楽しい時間を過ごせること、褒められること、喜んでくれること。


芽が出てない種を陽にあてていませんか?


まず、水を与えて発芽させなければ、どれだけ陽に当てても成長はしません。

最新記事

すべて表示

時間をかけて気づかせること。

こんなことして何になるの? 勉強しない子、やる気がない子が思っている疑問です。 しっかり答えられますか? やった「おかげ」を気づかせたことがありますか? そもそも気付いてないから、こんなことして何になるの?と思うのです。 何のために始めたの? その先に何を期待して始めたの? 始めた理由を子どもなりに再認識させることが大事。 何となく始めた。 周りがやっているからやってみたい。 これでは、ダメ。 勉

できる子の親が考える事

できる子の親が考えることは、子どもの負担を減らすこと。 最近は、英数国理社の勉強が小学校から始まります。 国立大学の入試まで教科は減りません。 学校に通っていれば受験に必要な学力が身につくのでしょうか? どのように準備したら将来の勉強を減らせるのでしょう? 合格までの勉強量は同じとすると、スタートを早めに切ること。 本人の成長と興味に合わせた内容から徐々に範囲を広げていくこと。 幼いほど興味がない

あきらめない子の育て方

あきらめない子の親は、大人の価値観を押し付けません。 できないことがあっても気にしません。 できるようになりたいのなら、どうしたらできるようになるのか気づかせます。 兄弟や友達と比べません。 子ども自身が満足しているかを見ます。 どうなりたいか考えさせます。 失敗を責めません。 上手になりたいのなら、どうしたら上手になるか考えさせます。 なぜ失敗したか一緒に考えます。 解らないことは教えません。

pixta_34621787_XL.jpg

まずはお気軽に学習相談!

入会を検討される方に無料の学習相談(60分程度)を行っています

ご来校時に指導内容・指導方針・費用をご案内します

お問い合わせフォームから「学習相談希望」を選択の上、送信してください

© 2020 IQ教室