できる子の親の子育て法。

できる子の親は、成績では怒りません。


それがありのままの学力と受け止めます。


計算ミスもミスするのが実力と受け止めます。


たらればも、もったいないもありません。


受け入れられる成績かどうか決めるのは、子ども自身だと気づいています。


こんな成績のつもりではなかった。と思って初めて自分の問題として勉強について考えることを待っています。



できる子の親は、勉強が進まなくても怒りません。


小学生は受け身でしか行動できないこと、誰かが一緒にやってくれるのを待っていることを解っています。


難しくて進まないのか、気になる事があって進まないのか一緒にやるから解ります。


子ども任せにはしません。



できる子の親は、勉強だけはさせません。


やりたいことをやれているから、勉強も頑張れることを解っています。



できる子の親は、子どもの気持ちを一番大事にします。


気持ちが向いていないことは、続かないだけでなく苦しくなり、いずれ逃げだすことを解っています。


気持ちを大事にしながら、今大切なことに気づかせようとします。

最新記事

すべて表示

できる子の親が始めにすること

どんな事でも原点があります。 あなたの経験で勉強の原点は何処ですか? 子どもが勉強を始めるのにも、原点があります。 それを指し示すことができるのは親だけです。 物心がつく頃に、笑顔であふれながら原点に立たせているのが理想です。 世の中の仕組みがわかる事の楽しさ、喜びに気づかせるのが親の役目。 原点を大事にする理由は、気持ちが通じあうことが子どもにとって重要だからです。 振り返る思い出があることが大

限界値を上げる

母親にとって、最初は一心同体だったわが子は、成長しながら少しずつ自分の意思で行動し始めます。 時間と共に一心同体から、やがて二人三脚となります。 だから、子供に歩調・歩幅を合わせなければ転んでしまいます。 親が勝手にペースを上げると転びます。 ひとりで歩くことで、脚力がついて次第に親のペースに乗ってこれるようになります。 行きたいところを見つけて、自分の意思で歩くから、大変でも脚力がついていく。

早期発見・早期手当

気になる様子・仕草があったら、早期発見のきっかけです。 お医者さんに見てもらった時、「何でもっと早く来なかったんですか?」 「気になる症状があったでしょう?」 ・・・って言われた事ありませんか? 時間が経てば治るとは限りません。 症状が悪化したら、使う薬はきつくなり、副作用もでてきます。 学習も同じ事。