一般的に宿題が出される理由は、理解を深めるためと親は考えます。


一方、子どもはどのように考えているか知っていますか?


殆どの子どもは、終わらせるためにやるものだ考えているいます。


「宿題は終わったの?」という言葉をかけるから、「宿題は終わればいい」と勘違いします。


幼ければ幼いほど素直な受け取り方をします。


これが何回復習しても学習内容が定着しない一つの原因です。


できるようになるためにやることと、終わらせるためにやる事では取り組む気持ちが異なります。


学校から帰ったらまず宿題をやるのは当たり前です。


子どもまかせに宿題を済ませるのではなく、今日の宿題で勉強した内容の理解を確かめることが大切です。


これを親が怠ると学年が上になってからご苦労されます。


宿題を終わらせる「行動習慣」が身につくと、終わらせることが第一で焦りの気持ちが大きく、落ち着いて考えられなくなってしまいます。


焦っていては、じっくり考えられません。。


「はやとちり」「解ったつもり」になる一つの原因です。


5年後半から塾の宿題も難しくなります。


得点するには、できるようになるまでやらなければいけませんが、この気持ちができるようになるまで繰り返す回数がひとりひとり違う原因でもあります。


すでに、考えればわかる問題もよく間違えていませんか?


早めに宿題のやり方を変えましょう。


どんな気持ちで物事を進めるかが一番大事ではないでしょうか?


学校では、宿題を出したか出してないかを問われ、家では終わったか終わっていないかを問われていれば、当然のことかもしれませんが...。


勉強がわかるということは、正解することではなく説明ができるということ。


うちは親が丸付けしているから、大丈夫ということはありません。


説明ができないのなら、解っていません。


そのやり方で時間と量を増やしても実力はつかず、空しい正解が増え勉強が上滑りするだけです。


早めに舵を切りましょう。

最新記事

すべて表示

成績を維持する方法

高学年で成績を維持するには、「穴」がない勉強をすすめることです。 新しい勉強は、常に既習分野の上に積み重なります。 穴があれば、新しい勉強はなかなか理解できません。 だから、解らないときの勉強は、大抵は基本からやり直しになってしまいます。 同じ方法でやり直すのか、もっと繰り返すのか、違う方法を試すのか、生徒にあったやり方を早く見つけないと時間切れとなります。 高学年では、できるだけ早く穴を探し、塞

夏までに。

偏差値が上がるまでには時間がかかります。 まず勉強をして解法の論理を理解し、論理をアタマの引き出しにしまって、取り出すことから始まります。 練習問題では、問題を解くために論理をどのように関連付けるかを試します。 毎日、復習予習を含め進めるのですが、それでも半月前に理解したはずの内容がスッポリ抜け落ちてたりするものです。 抜け落ちを防ぐために3回程度の復習を一定期間開けながらやってやっと得点できるよ

ライバルを減らすには。

特別なことはいりません。 ライバルは勝手に減るものです。 ひたすら続けること、これさえできればライバルは勝手に消えていきます。 いつから続けるかは、できるだけ早いほうがよいでしょう。 成長にあった内容と動機づけが始めの一歩です。 規則正しい学習習慣を身につけさせようと、闇雲に始める親。 言葉もままならにうちから、習い事に通わせる親。 何度も言いますが、理由もなく言われるままにやるのは3年生まで。

pixta_34621787_XL.jpg

まずはお気軽に学習相談!

入会を検討される方に無料の学習相談(60分程度)を行っています

ご来校時に指導内容・指導方針・費用をご案内します

お問い合わせフォームから「学習相談希望」を選択の上、送信してください

© 2020 IQ教室