100点を取る勉強法

更新日:5月9日

テストで70点台までは取れるけど、80点以上はあまり取れない。ということになっていませんか?


反復しながらなんとなく問題を解いているとこんなことになります。


失点の原因は、落としてはいけない基本は理解していますが、応用の理解までしていない。


計算ミスをして失点している。


問題文を正しく読んでいない。...等です。



これは、100点をとるための勉強をしていないということです。



間違えは、なぜ間違えたのか突き詰める。


解説を聞いて答えを写して終わり。解き直しをしない。


繰り返すだけで終わっている。


何が解れば答えが求められるか。


それを求めるために必要な数量は。


解答への道筋を意識しながら繰り返していない。



勉強したことは自然に忘れてしまうことを意識していない。


前はできたのにテストで間違えた。


これは、問題を理解度により仕分けしていないと起こります。



テスト中に起こりえるアクシデントを想定して勉強を進めましょう。


テストは一発勝負。万全の体調で臨めるとは限りません。


お腹が痛くなっても、100%に近いパフォーマンスを出すにはどうしたら良いのか。


普段の勉強で緊張感を維持するための環境を整えましょう。



勉強を繰り返すだけでは、100点は取れません。


こういうことは、「やらせたり・やらされて」できることでもありませんね。


こどもの気持ちが勉強に向っているからこそ可能なことです。

最新記事

すべて表示

やり続けても終わらない!

夏休みに入り自分の課題がハッキリしてきた時期です。 塾の宿題も多くなり、なかなか終わなくなっていませんか? 苦手分野の問題は何度も分かるまで繰り返せばできるようになると思っていると、無駄に時間を使ってしまいます。 大学入試の経験がある大人ほど、自分の経験から子どもにも「勉強をやればできるようになって点数が上がる。」と考えていることが多いようです。 この経験に基づいて、大人は何度も繰り返させます。

夏は戦略が必要。

この夏休みは塾の夏期講習に行こうと思っている子が多いと思います。 夏期講習に行く目的は何ですか? 成績を上げるには、同じことをしていてもダメです。 みんなと同じことは当たり前、+αで成績が上がります。 どのくらい成績を上げたいの? 受験生であれば偏差値であといくつあげなければいけないのか? 志望校偏差値が60以上の学校で、6年夏に自分の偏差値がまだ2~3足りないのあれば、死にものぐるいでやらないと

学力はいつ伸びるのか?

毎年、4年生にぐらいから多くの小学生が中学受験塾へ通い始めます。 入塾前のテストで学力のレベルをチェックしてクラス分けされます。 この中で、4年生から徐々に成績を上げ最上位クラスに上がっていく子どもがどれだけいるのでしょうか? 入試直前まで伸びるから諦めてはダメだということを毎年夏を過ぎによく聞きます。 でも、それに該当するケースはどれくらいあるのでしょう? 入試は、いす取りゲームです。 先に座っ