100点を取る勉強法

最終更新: 5月9日

テストで70点台までは取れるけど、80点以上はあまり取れない。ということになっていませんか?


反復しながらなんとなく問題を解いているとこんなことになります。


失点の原因は、落としてはいけない基本は理解していますが、応用の理解までしていない。


計算ミスをして失点している。


問題文を正しく読んでいない。...等です。



これは、100点をとるための勉強をしていないということです。



間違えは、なぜ間違えたのか突き詰める。


解説を聞いて答えを写して終わり。解き直しをしない。


繰り返すだけで終わっている。


何が解れば答えが求められるか。


それを求めるために必要な数量は。


解答への道筋を意識しながら繰り返していない。



勉強したことは自然に忘れてしまうことを意識していない。


前はできたのにテストで間違えた。


これは、問題を理解度により仕分けしていないと起こります。



テスト中に起こりえるアクシデントを想定して勉強を進めましょう。


テストは一発勝負。万全の体調で臨めるとは限りません。


お腹が痛くなっても、100%に近いパフォーマンスを出すにはどうしたら良いのか。


普段の勉強で緊張感を維持するための環境を整えましょう。



勉強を繰り返すだけでは、100点は取れません。


こういうことは、「やらせたり・やらされて」できることでもありませんね。


こどもの気持ちが勉強に向っているからこそ可能なことです。

最新記事

すべて表示

模試の成績表④

塾へ通う理由、勉強を始める理由が小学生になったからとか、○歳になったから勉強始める。 成績が下がったから塾へ行く。 どちらかを理由に始めると勉強嫌いになります。 成績が上がらないのです。 子どもの立場になったら気づくと思いますが...。 「勉強しなければならない。」と分かっているようでもやらない。 理由は、だれでも嫌なことはやりたくない。 苦しいことはやりたくない。 分からないことはやりたくない。

模試の成績表③

前回は、「勉強不足」や「勉強しなかった」という自己分析のケースで、「次はもっと勉強するから...。」「もっと頑張るから...。」誓いを立てた子のお話の途中でした。 最後の質問は3つ。 模試の受験者のどれだけが上の誓いをたてたのでしょう? 答えは、お試し受験以外の受験生の大多数。 その中で、次回まで誓いを守れる子はどれだけいるのでしょう? 答えは、ごく僅か。 誓いを守れなくなる子は何が原因なのでしょ

模試の成績表②

前回は、勉強はそれなりに「した。」 でも、失点した。という自己分析のケースのお話でした。 今回は、「勉強不足」や「勉強しなかった」という自己分析のケースのお話です。 お子さんにとっての「勉強」ってなんでしょう? 1・机の前に座っているだけ。 2・塾へ通っているだけ。 3・宿題を済ませるだけ。 4・言われたことはやっているだけ。 これらすべて「勉強」と思っているかもしれません。 模試対策の勉強とは、